色々な薬のケース

インポテンツになってしまうと、十分な勃起状態が続かないため、性行為も満足に行うことができなくなってしまいます。
通常、勃起状態が悪くなってきたからという理由で、自分がインポテンツになってしまったのではないかと疑うことが多いですが、他にも精子の量が減ってきたら、インポテンツであると疑ってもよいでしょう。
なぜ、精神の量とインポテンツが関係してくるのかというと、そもそもなぜ勃起するのかというと、溜まった精子を出したいという本能的な欲求にかられるからです。
もし精子の量が減ってきて、出したい欲求がなくなってくれば、当然勃起もしなくなってくるということが考えられます。
一般的に年齢を重ねると、だれでも精子の生産量は減ってくるので、ある程度年齢を重ねている人の方がインポテンツになりやすいということも言えるでしょう。
では、どのようにすれば、このようなインポテンツを改善させることができるのかというと、精子の生産量を上げるということが重要になってきます。
まず、精液は前立腺でつくられ、精子は睾丸でつくられます。
およそ4日から5日くらいでこの精子の量は満タンになることになります。
常に満タンの状態が続くと、精子の生産している機能が低下してきてしまうので、あまり勃起がしなくなってしまう可能性があります。
ですから、たまに精子は体外に放出するということが重要になってきます。
定期的に精子が放出されるようになれば、精子を生産する機能低下を防ぐことができるようになり、結果としてインポテンツの予防にもなります。
他にも、食事として、ゴマやアーモンド、牡蠣などに含まれるミネラルや亜鉛などが精子の素材となりますから、積極的に精子に必要な栄養を取るということも大事になってきます。

記事一覧
マンネリセックスの解消でインポテンツが治る? 2020年01月17日

インポテンツの原因は一つではなく、様々なことが引き金になります。そして原因になる可能性があるのがマンネリセックスです。セックスをする際には性的な興奮や刺激を受けることによって勃起しますが、しかしながらいつものような内容だったりすると、どんどん性的な興奮が小さくなります。たとえ性的な刺激があっても興奮...

喫煙するとインポテンツになりやすい? 2019年12月30日

喫煙は健康に良くないことはよく知られていますが、実はインポテンツにも関係しています。喫煙すると煙に含まれるニコチンと一酸化炭素によって赤血球が酸素を運ぶ働きを低下させます。しかし体内には酸素が必要なので、どんどん赤血球を増やすことで血液がドロドロになります。また白血球はタバコに含まれる有害物質と働く...