• ホーム
  • インポテンツと言われる病気を元気にしてくれます

インポテンツと言われる病気を元気にしてくれます

考えている男性

インポテンツ、わかりやすい表現だと「陰茎が元気にならない病気」のことです。
老化現象で多くの人はインポテンツになることもありますが、やっかいなのが糖尿病や極度のストレス等の病気によって陰茎がたたないことです。
このような人は、陰茎を元気にしてくれる飲み薬があります。
主に泌尿器科で診てもらうといいでしょう。
勝手にこの薬を購入することはできませんので、医師の診察が必要です。
多くの人がこの薬の効果に絶賛しています。
ただし、心臓関係の薬を飲んでいる人にとっては併用できないことがありますので、もし診察を受ける機会があったら、自分が飲んでいる薬のことを必ず医師や薬剤師に伝えてください。
心臓関係の薬にかぎらず他の薬を飲んでいても同じです。

さて、泌尿器でもらった薬で陰茎がたってくると、全身に元気が漲る気分になり、まさに10、20代のあのころの感覚でしょう。
その薬に驚くかもしれません。
ただし、薬ですので副作用もつきものです。
もっとも多い副作用に、下痢や吐き気、腹痛があります。
服用してこれらの症状がもし発症したら、ただちに医者や薬剤師に連絡しましょう。
命にかかわることはまずないと思いますが、体調不良になってしばらく外出できなくなるかもしれませんので。
あくまでも副作用は頻度が低いです。
100人に1~2人の割合いですので、もし副作用について心配や不安があれば薬剤師に相談してみてください。

薬でインポテンツが改善されると、おそらく食事がおいしく感じれるかもしれません。
また生きている心地がすごくいいかもしれません。
睡眠、食欲、性欲と昔から言われているように、この3つは生きていくうえで必要なものなのです。
インポテンツという病気を克服して、元気を出していきましょう。